FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゲーム雑記録 #4: <「ドラクエ5」 2008年春発売、勇なまレビュー、他>

⇒DS「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」、発売時期が2008年春に決定
早い、予想以上に早かった。もう俺の中では、DSリメイク群4→5→6の流れの中に「9」が割り込むもんだと思ってたんだが、この様子だとスクエニとしては4→5→6の後に最新作を持ってくるという完璧なシナリオが出来ているのかもしれない。「4」は既に60万本突破だからなぁ・・・ミリオンは十分圏内だし、それはつまり「5」「6」もほぼミリオンヒットを約束されたということで、その最強インフラを持ってすれば「9」の売り上げなんぞ天文科学的な数字・・・ってのは言い過ぎかもしれんが、やもすると「7」の400万本を超えるかもしれない。ただ「9」が携帯機で発売するということに関しては、俺含めて未だに若干のネガティブイメージを持っている人も少なくなく、様子見を決め込む人もこれまた同様に多い気がするんだよな。DSの普及率を持ってすればそれすら解決してしまうのかもしれないが。まあそうだな、とりあえず「5」は好きな作品なんで買うかもしれない。「6」も好きだから買うかもしれない。

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
■NDS: ドラゴンクエストIV 導かれし者たち


⇒PSPゲームレビュー「勇者のくせになまいきだ。」 (GAME Watch)
家でやる暇なかったんで通学中にチョロっとやってみたんだが、これは面白い。プレーヤーは世界征服を目論む魔王によって召還された「破壊神」というポジションで、攻め込んで来る敵「勇者」を撃退するためにダンジョンを掘っていき、魔物を生成させて魔王の居城となるダンジョンを強化させていく。掘るためには「掘りパワー」というポイントを消費して掘っていくことになるんだが、ただ闇雲に掘り続けていくだけでは確実に掘りパワーが底をついてしまい、仕舞いには制圧されてしまうため、よく考えて掘っていく必要がある。それだけではなく、生成される魔物には食物連鎖の秩序がしかれている。例えば、「魔物Aは魔物Bを食べていくことで成長し繁殖していくが、その魔物Bは魔物Cを食べていくことで繁殖する」といった具合になっており、強固なダンジョンを作っていくには魔物のバランスのとれた生態系を構築するのが「破壊神」の義務となっている。これがなかなか難しく、適当にやっていると本当にあっさりゲームオーバーになってしまうので熟考して事を運んでいかなければならない。だからと言って、決して理不尽な難易度というわけでもなく、それなりの生態系が作られていれば勇者を撃破するのも難しいことではない。実に秀逸なバランスの元成り立っているゲームであり、中毒性も高い。まだ5ステージ目辺りだが、今作の持つ面白さがしっかりと伝わってきた。おススメ。

勇者のくせになまいきだ。
■PSP: 勇者のくせになまいきだ。


⇒PSP「PATAPON (パタポン)」、独特の操作感を紹介したプロモーションムービーを公開
「勇なま」にしてもそうだが、新型投入以後のPSP作品にはなかなか意欲作が多い。このラインナップが功を奏すかは判断しがたいところだが、俺は純粋に褒めたいと思う。元々DSよりもPSPの方をよくプレイしていたとはいえ、最近になってより一層PSPに対する好印象が根強いものとなった感じがどことなくする。まあそれはさて置き、「PATAPON」ですよ、奥さん。ええ、僕が完全にスルーを決め込んでいた「PATAPON」ですよ。どうですかこれ、ムービー見てみたらなかなか面白そうではありませんか。おそらくは「ロコロコ」の製作陣が作ったと見受けられるけど、「ロコロコ」よりはどちらかと言えばブラックな世界観がしかれていて(色的にも雰囲気的にも)、若干俺のツボをかすめている辺りがニクい。肝心の「リズムに合わせて太鼓を打つ」という要素に面白さを見出せれば化けると思うんだが。これもネットの評価待つかな。んで廉価版を待つと。

PATAPON(パタポン)
■PSP: PATAPON(パタポン)


⇒スマブラ拳更新、「だれかと/おきらく乱闘」
>おなまえなども出されないし、メッセージも送られない。
>自分の名前も相手の素性もわからない

>通信が切断されたりすると、なんと相手が知らずのうちに
>CPに入れ替わり、代打になります


おそろしく親切な配慮。まあ任天堂のゲーム機でネット対戦しようとするなら当然か。これだけのビッグタイトルだとライト層も少なからずネット対戦に興味を持つだろうし、それを抜きにしてもそれなりの治安を保つためにはこれくらい当たり前なのかもしれない。「スマブラX」は本当に期待しているタイトルなんだが、桜井さんを筆頭にした制作陣も一寸の作りこみの甘さも妥協しない方々のようなので安心して待っていられる。クオリティアップのためなら延期だって何とも思わないよ。

スポンサーサイト


«  | HOME |  »

はじめに

東方が好き。
ブログや管理人については↓

About this blog
Profile

カレンダー(月別)

12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。