FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『MHP2 G』に備えてリハビリへと洒落込む・・・のか?

モンスターハンターポータブル 2nd G
■PSP: モンスターハンターポータブル 2nd G
[販売元] カプコン
[価格] ¥ 4,369 (Amazon)
[発売日] 2008年3月27日

『G』の発売まで2週間ちょっととなった。昨年あれだけハマっていた『モンスターハンターポータブル 2nd』ではあるが、熱が冷めてからは全くプレイしていない。PSPのソフトも色々買ったからなぁ・・・致し方ないところではあるんだが、その買ったソフトたちもろくにクリアしていない俺に乾杯。

とりあえずソフト起動。データを色々と見返してみた。

[プレイ時間] : 164h
[お金] : 321382z
[HR] : 6
[ギルドP] : 182410

い・・・意外とプレイ時間が少なくて驚いた。前作『モンスターハンターポータブル』は300時間ちょっとあったし、据え置きの『モンスターハンター2』に関して言えば600時間はくだらなかったからだ。うーん、やり過ぎで飽きてきたのかな?十分考えられることではあるが・・・何か理由があったようななかったような。

色々と、クエストの進行状況だとか装備品だとかアイテム関係だとかを眺めていると思い出してきたような気もする。そうだ、俺は「封龍剣 【超絶一門】」を作りたくて古龍の血を集めていたんだった。ちなみに超絶一門には5個の古龍の血が必要となっている。古龍の血はなかなかのレアアイテムで、クシャルダオラなどに代表される古龍のみの剥ぎ取りか報酬で手に入る代物だが、こいつの収集には本当に手を焼くのよ。何しろ剥ぎ取りにせよ報酬にせよ下位の場合は出現確率が5%にも満たない状況で、相当の強運でなければ連戦は確実、下手すれば100回戦っても5個集まらないときている。その連戦中に飽きてやめてしまった記憶が・・・うおおおおおお、完全に思い出したぞおおおおおおお。

別に超絶一門に拘る必要はなかった。ただ、こいつがあると何かと便利なのだ。究極のバランスブレイカーとして名高い超絶一門を持っていればその異名の通りゲームがサクサク進む。それはそれで味気ないが、専らポータブルではソロだったんで効率を重視するがために俺は超絶一門を追い求めていたのだった。その途中で挫折していたわけか・・・。なんかそういった理由だと再開するのも若干ためらわれるな(笑)

ちなみにクエストの進行状況は、HRが6ということでとりあえずソロで上位途中まで進めていた模様。ティガ2頭討伐を何とかクリアし、ラージャンを死に物狂いで撃破したところで力尽きたようだ。当時の死闘が走馬灯の如く駆け巡るな・・・。まあそこまで一生懸命でもなかったと思うけど、比較的戦いやすいレイア亜種だとかディアを放置している辺り、やはりラージャンを倒して満足したっぽい。だからまあそういうことで、俺は新モンスターの「アカムトルム」を拝んだことすらない。少々残念だが、ソロでそこまで頑張るのも大変なものよねぇ。はぁ、やっぱモンハンはマルチプレイに限る。またしても確信した。

正直、リハビリ期間に入ろうとは強く思っていたんだが若干迷いが生じてきた。再開すればまた面倒臭い作業が色々とあるしな・・・なんて考えると腰も引けてしまう。考えよう。もう少し考えよう。明々後日が『12Riven』の発売日というところとか色々と考慮に入れて考えよう。

昨日あのMADを見てモンハン熱が上がっていたというのに、現実とは厳しいもんだな・・・。

スポンサーサイト


«  | HOME |  »

はじめに

東方が好き。
ブログや管理人については↓

About this blog
Profile

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。